Rayli Official Website

go to top

top

6/2(日)大岡山・Goodstock Tokyo/玲里 with 難波弘之 ゲスト:松本慎二

photos▶︎https://www.facebook.com/raylimusic/

 
気まぐれ天気の日曜日でしたが、おかげさまで満員御礼。
(今日はなんとかお天気も良く、とスタートしましたが、終演時には大雨が….)
大岡山グッドストックトーキョーへ足を運んで下さった皆さま、
ゲストの松本慎二氏、有難うございました!
 
前回、少し目新しい感じのセットリストを組んだところ、
皆様に喜んでいただけたようだったので、今回も同様に練ってみました。
雨といえばの「Raindrops Keep Fallin’ on My Head」と「Singin’ in the Rain」は何れもお気に入りの楽曲で、
「Singin’ in the Rain」は、私が大好きなJamie Cullumのアレンジをもとに演りました。
オリジナルバージョンは勿論最高ですが、ちょっとチルな雰囲気を求めて。
 
そして、リクエストをいただいたので久しぶりに、
名探偵コナン「11人目のストライカー」の挿入歌「光をつかもう」を歌いました。
その流れで(大野克夫先生作曲)、これまた大好きな「勝手にしやがれ」を。
グループ・サウンズ好きの難波氏の影響で知り、学生時代から、私のカラオケの定番曲なのです:D
(そしてジュリー様は格好良すぎる!)
 
新曲はバラードで、タイトルは「幻想曲」。
頭の中に鳴っていた音をピアノで弾いてみたら、
思った以上にファンタジックでロマンティックな曲になったので、
その雰囲気を壊さないような歌詞をのせました。
終演後に「既にお気に入りソングになった!」などの感想をいただけて嬉しかったです。
 
余談ですが、松っちゃん氏は、最近日課になっている散歩のおかげで「鳥の可愛さ」に目覚めたそうで、この話の続きは、
6月28日(金)に大岡山グッドストックトーキョーで開催する「MATSUとRAYLI」にて、とのことですlol
それぞれの「青春の思い出ソング」を、たっぷりのMCとともにお届けする、松っちゃん氏プレゼンツの愉快なイベントです。
 
7月8日(月)は、渋谷Duo Music Exchangeにて、豪華ミュージシャンが多数参加する、
PANTAさんの一周忌(七夕忌)・頭脳警察55周年記念イベントに参加します。(勿論難波氏も)
 
そして、福岡でのライヴ。
7月31日(水) 福岡・Gate’s7 での<玲里 with 難波弘之 〜LIVE in FUKUOKA〜>ですが、
なんと、今年はゲストをお招きすることに。
地元福岡でも活躍する K-Project(平崎こうすけさん g.vo / 久米博之さん g.vo)のお二人とのスペシャルセッション、ぜしお楽しみに!
….今後、更なるゲストの発表もあるかもしれません!
 
9月10日(火)は、中目黒・FJ’sにて、玲里 with 難波弘之。
この日は「難波氏の誕生日(9/9)をお祝いする」という名目で;-)
 
と、一気にお知らせをしましたが、
ぜし、今後のライヴをチェックしてみて下さいね。
皆様に会えるのを、楽しみにしています!
 
セットリストです
1st
1 オートクチュール
2 papapa song
3 Still
4 Raindrops Keep Fallin’ on My Head (B.J. Thomas)

5 Sunny Bun
6 爆音
7 ターナーの汽罐車 (山下達郎)
8 HAPPY ORDINARY DAY
2nd
09 空色のアンブレラ
10 プレジャー・ソング
11 幻想曲 new song!
12 Singin’ in the Rain (Gene Kelly)
13 光をつかもう
14 夏への扉 (難波弘之)
15 勝手にしやがれ (沢田研二)
16 Good Day Today

17 ドキドキドク
encore
# Loco Motion (Carole King) ~ シュガー・ベイビー
 

3/24(日)中目黒・FJ’s/玲里 with 難波弘之

photos▶︎https://www.facebook.com/raylimusic/


 

 

先日の、玲里 with 難波弘之ライヴ at 中目黒FJ’s へいらして下さった皆様、有り難うございました!
いつもとは少し違う雰囲気のセットリストを組んだところ、皆さんに喜んでいただけたようで嬉しかったです。
PAの方が、アコースティックでもパワフルで良い音響を作って下さるので、歌っていても気持ちいい:D
目黒川の桜はまだまだでしたが、難波氏の奏でる華やかなピアノに、花吹雪を見ました。
JOYでの参加型コーラスも復活し、美しかったー!
 
今回は春を感じる、石田長生さん「Mother’s Song」と、ロネッツ「Be My Baby」のカヴァーも演りました。
「Mother’s Song」は、金子マリさんのヴォーカルで「SONGS OF Ishiyan」(2019)にも収録されていて、
私は、開発千恵ちゃんと共にコーラスとして参加しています。
マリさんの歌が素晴らしく「聴くのが好きな曲」だったのですが、初挑戦してみました。
因みに、金子マリ&バックスバニーの「最後の本音」も石田さんの楽曲ですね。
 
セットリストです
1st
1 キャンディー
2 侵蝕
3 Midnight Movie
4 思い出ポケット

5 Mother’s Song (石田長生)
6 Psychedelic Dream
7 Crazy
8 Be My Baby (The Ronettes)
2nd
09 楽園ときに落雷
10 空色のアンブレラ
11 Magic Forest
12 Both Sides Now (Joni Mitchell)
13 Encore
14 シルバーグレイの街
15 Sunny Bun
16 Hurricane Hunter

17 JOY
encore
# You Really Got Me (The Kinks)

# シュガー・ベイビー
 
MCで難波氏が話していましたが、「EACH TIME」制作中に残された資料などをもとに書き起こされた「大瀧詠一 レコーディング・ダイアリー Vol.3」が出版され、
その中に、若かりし頃の難波氏の写真&エピソードも記されています。
難波氏がヘルメットを被りダースベーダー風の声を録音している写真からも、サウンドへの拘りを垣間見ることができます。
興味深いエピソードだらけだと思うので、ぜし。
 
なんとこの日は、近くでイベントをされていた漫画家の、とり・みきさんも遊びに来てくださっていました。
以前「とりさんには、何をどうやって見られているか分からないので、緊張します。」とお伝えしたところ、
「よく言われるけれど、案外、ぼーっとしていたりするんですよ!」と仰っていたのですが、にわかに信じがたいlol
その時に描いていただいた似顔絵、今でも大事に飾っています:D
 
次回の玲里 with 難波弘之は、6月2日(日)大岡山・グッドストックトーキョーで開催します。
(詳細がアップされるまで、ライヴハウスへのお問い合わせは、お控えくださいませ。)
また新曲を持っていく予定です。
 

 

 

 

2/17(土)まほろ座 MACHIDA/玲里 with 難波弘之

photos▶︎https://www.facebook.com/raylimusic/

 


 
まほろ座 MACHIDAでの、玲里 with 難波弘之ライヴ。
足を運んでくださった皆様、有難うございました!
昨晩は、地元の方も多かったようです:D
 
手使海ユトロさんと、店長の佐々木良さん(キンモクセイ)にお誘いいただき、初めて出演したまほろ座。
噂通りに素敵なライヴハウスで、音もとても気持ちよかったです。
難波氏は「ERA」と「すごE」で出演したことがあり、「お洒落で良いライヴハウスだよ。ステージからハシゴを登って、屋根裏に楽屋があるよ。」と聞かされたので、
ステージへ出て行くときに落ちたら笑えるな、などと想像を膨らませていたのですが、
ハシゴ=しっかりした階段、屋根裏=通路がスキップフロアのようになっていて、少しパイプが張り出している部分はあれど、とても広い楽屋、でした。
難波氏の言葉のチョイスよ。
 
初出演、そしてライヴはじめでもあったので、セットリストはカラフルに:D
 
1st
1 不透明
2 十九夜
3 デッドエンド・シティ
4 Both Sides Now (Joni Mitchell)
5 明日に架けるレコード
6 THE DOOR INTO SUMMER
7 都市と星 (難波弘之)
8 Welcome To My Hospital
9 静かの海
2nd
10 楽園ときに落雷
11 オートクチュール
12 Little Maisie
13 時の砂
14 Sunny Bun (New Song!)
15 うた (金子マリ&バックスバニー)
16 TOKYO ((Insert: Lucky Man – ELP, Piano Man – Billy Joel)
17 人生ゲーム
18 ドキドキドク
encore
# Helter Skelter (The Beatles)
# シュガー・ベイビー
 
先日、グラミー賞でジョニ・ミッチェルが初パフォーマンスをしたことが話題になっていたので、
OPEN Dチューニングのアコギをセッティングし「Both Sides Now」に初挑戦しました。
 
そして、難波氏のファーストアルバムから「都市と星」を。
以前、三谷泰弘さんと難波氏のデュオで聴いた際に、「デュオも素敵!いつか玲里ライヴでも…」と、目をつけていました。
難波氏が学生時代にやっていたプログレ・トリオのドラマー・石川昌彦さん作曲の、ケルティックで美しい楽曲です。
惜しくも、12月に亡くなられた石川さんへ、追悼の意を込めて演奏しました。
 
新曲は、明るくハッピーな色の(でも演奏は忙しい)「Sunny Bun」。
今後もライヴで育てていきます:)
 
次回の 玲里 with 難波弘之ライヴは、3月24日(日)中目黒・FJ’s (18:00開演)です。
もしかしたら桜が満開のころ。お待ちしております!