Rayli Official Website

go to top

top

ディズニー・ハロウィーン2017(TDR)

This is halloween, this is halloween♪
そこかしこのディスプレイにパンプキン登場で、
もうディズニー・ハロウィーンの季節に。

 

今回もノリノリでパーソナリティの西本淑子さんの取材助手をして参りました。
玲里ちゃんはディズニー好きだから助かる〜と云っていただき…。
因みに、難波氏もディズニーが大好きなのです。
マリブでの金子マリ&バックスバニーのレコーディング中
初めてアナハイムのディズニーランドを訪れたにゃんば氏、
あまりの楽しさにもう一度出向き、帰国後は大興奮でディズニーの話ばかりしていたそうlol

 

このイベントは、なんと今年で20周年。
9/7〜10/31までディズニーの仮装がOKということで、
昨日はゴージャズなドレスのプリンセスを多く見かけたのですが….その完成度の高さが凄い!
調べたところ期間によってテーマがあり、それに合わせた仮装をしていくと
なにか特別なことがあるかも、なのだそうです。
▶︎http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/days.html

 

TDLでは音楽とコスチュームが新しくなった、
ミュージックフェスなパレード「ハロウィーン・ポップンライブ」が。
パンプキンやコウモリ、黒猫などのモチーフのフロートに乗った仲間達が、
それぞれ違うジャンルの音楽で皆を乗せていきます。
昨年はTDSの方に遊びに行っていたので初めて見たのですが、チップ&デールのプレイヤー姿…良い!
個人的にはスティッチとエンジェルのフロートが印象深かったです。あの”悪そう”な煽り;-)
もし私がライヴでモニターに足を乗せたら、それはスティッチに影響されたということで。

 

そして歌と振り付けを覚えるほどお気に入り、
クールで妖しいTDSの「ザ・ヴィランズ・ワールド」。
パレードが始まる前から雨がポツポツ降ってきてしまったので、
特別ヴァージョンでのお披露目となりました。
メディテレーニアンハーバーを包んでいた音楽がジャックされたようにスタートして、
ヴィランズに招待されたミッキー達が彼らのハロウィーンパーティーに参加し、盛り上げていきます。
今日の仲間達はヴィランズをイメージした衣装の上にレインコートを着て登場。
あれ、みんなとっても可愛いんですよね。雨だけれど、雨だから可愛い。
そしてこのパレード、やはり大好きです!
マレフィセントといえば、ディセンダント2も気になるなあ。

 

思わぬタイミングでまた英気が養われ…この秋も頑張ります。
先ほどカタン氏の格好いい(難)曲のリハーサルをして、尽きてきました。
ということで、9/10(日)は渋谷ラストワルツで日比谷カタン氏と楽しく妖しい夜を;-)
この日は難波氏のバースデイ翌日なので、(派手にやろうとすると拒否されそうなので)
ほんのりお祝い気分で。
18:00開演、ぜし、遊びにいらしてください!

 

 

玲里

minus(-) 3rd mini album「R」

 

9月27日にリリースされる、minus(-)の3rd mini album「R」、
M1「Below Zero」にゲストヴォーカルとして参加しました。

 

とても美しく仄暗い曲。
一瞬で藤井麻輝氏の音世界が広がり、ここに私の声、歌が…?
半信半疑ながらも高揚した気分でレコーディングを迎えました。

 

スタジオは和やかなムード。
藤井さんのディレクション&自由に唄ってください!で安心して
どんどん音の中に入っていけて気持ち良かったです。
この曲の中で生きることで新鮮な驚き、発見もありました。
考えていったコーラスのデモをお聞かせしたところ
無事にそれらも積まれていき名残惜しくなるような早さで終了。

 

天才な藤井さん、エンジニアの石塚さん、
アシスタントの池ちゃん氏(私の3rd Album「OPEN WORLD」も池田氏がアシストを)、
皆さんから嬉しい言葉が降って来て、私、絶対頬が緩んでいた筈。
声を気に入って必要としていただけるって最高に嬉しいことです。

 

麻輝さんと初めてお会いしたのは「OPEN WORLD」のレコーディング中。
今フジイマキさんも居て、という会話に、あの藤井麻輝さん!?と。
取り掛かっていた楽曲があり、例えば藤井さんだったらどんな世界になるんだろう、と
妄想していた所だったから。(接点も連絡手段もないので本当に妄想)
そして紹介していただき、後日demoをお渡しし、
結局スケジュールの都合もあり実現しませんでしたが
…こんな日がくるとは。

 

ファイナルミックスを聴いたら、レコーディングの時から更に進化していて、とにかく格好いい!
リリースが楽しみです。

 

▶︎http://minus.city/news/detail.php?id=1052657
minus(-)の3枚目となるミニ・アルバムが完成。
昨年6月にメンバーの森岡賢が急逝し、藤井麻輝のソロユニットとなったminus(-)。
これまでの彼らの楽曲は、森岡の良さを藤井が引き出すというコンセプトが中心であり、
この作品もその流れにあるサウンドを受け継ぎつつも、藤井のカラーの強い深遠な曲に加え、
ソウルに接近した新境地や、壮大かつ包容力のあるバラードまで。
そのサウンドスケープは他の追随を許さないが、同時に変化を感じさせる5曲が揃った。
そしてこのサウンドを支えるゲスト・ミュージシャンには、ヴォーカリストとしてAnis(MONORAL)、YOW-ROW(GARI,SCHAFT)、玲里、Yurari。ギタリストには菅波栄純(THE BACK HORN)、佐々木亮介(a flood of circle)と、多彩なメンバーを迎えた。
進化を続けるminus(-)。その未来を感じさせる1枚となった。

 

minus(-) R

2017-09-27
AVCD-93729  ¥2,160(税込)

 

01 Below Zero
02 Drop
03 Spell-Subtraction
04 LIVE-advanced
05 Spell-ver.1.0

 

参加ミュージシャン
Anis(MONORAL)M4
YOW-ROW(GARI,SCHAFT)M3,5
菅波栄純(THE BACK HORN)M5
佐々木亮介(a flood of circle)M1
玲里 M1
Yurari M2

 

 

玲里

2017夏、福岡〜熊本の旅。

More Photos▶︎https://www.facebook.com/raylimusic/posts/1480444878703471

 

福岡でワンマン・ライヴをやりませんか?というメッセージを受けたのが、今年2月。
それから多くの方のサポートがありライヴハウスが決まり、
福岡でのラジオ出演、縁の深い熊本へのラジオプロモーション、
そしてタワレコ福岡パルコ店でのミニライヴまで決定し、ハッと気がつけば7月最後の日。

 

初めての福岡でのワンマン・ライヴ、
早い段階でキャパを超える予約をいただき、前売りチケットが完売に。
花火大会という心踊るイベントがあったにも関わらず、当日券を求めて来てくださった方々も。
最初から笑顔いっぱい、とてもアツいお客様たちで”ライヴなハプニング”にさえ盛り上がり、
曲を盛り込んだ2時間半が、これもまたあっという間に過ぎてきました。

 

SQUARE GARDENへ足を運んでくださった皆様、
タワレコ福岡パルコ店へ来てくださった&アンコールの拍手を下さった皆様、三村さん、篠原さん、
今回のライヴ旅をサポートしてくださった高野さん、西島さん、島本さん、冨嶋さん、巽アナ、
ライヴ当日に配られた可愛いハンコアートのカードを作ってくださった松野由起子さん
それぞれのサテライツスタジオに遊びに来てくださった方々、番組リスナーの方々、
LOVE FM「TENJIN UNITED」TOMOMIさん、
(TOMOMIさんに頂いたコメントや最後のメッセージ、嬉しかったなあ)
KBC「PAO~N」沢田幸二さん、鉱毅さん、岩部見梨さん、平野P、
(いつもありがとうございます!そして始まった達郎さんの話し方の真似大会lol)
RKK(熊本放送)「福ミミらじお」塚原まきこさん、
(ベーシスト・伊藤広規さんが繋いでくださいました!もっとお話したかったなあ)
FM791「Rockin Wednesday Heartbeat City Club」のかなぶんやさん、
(ニヤっとするオンエア曲を聴きながらスタンバイ。初めましてに感じられませんでしたlol)
FMK(エフエム熊本)「FMK RADIO BUSTERS」のスマイリー原島さん、高橋よしえさん、
(かなぶんやさんが仰っていた通りのマニアック続き!今度はぜし難波氏も〜)
そして善戝さん、岡島さん、藤岡さん…本当に有難うございました!

 

ラジオもそれぞれ話の角度が違い、ディープな感想も伺えたし、
塚原さんとかなぶんやさんの番組では生演奏もして、楽しかったなあ。

 

ずっと待っていた、ライヴがこんなに良いとは、これはまた必ずやらんといけんよ〜、
熊本では、ラジオ番組を持って〜、今度はライヴを、などの嬉しい言葉を頂けて、
今回来られて良かったと思いました。また必ず戻ってきます。

 

祖父の出身地である福岡と、祖母の故郷の熊本へ、
こういう形で戻ってくることが出来て嬉しかったです。
ふんわり記憶の中にある九州の言葉や、熊本弁を耳にするとホッとしました。
熊本城の姿を、石垣を目の当たりにしたら、切なくなりました。
地震、豪雨で大変な思いをされた方々の心に無理なく、平穏が訪れますよう。
Life goes on and we’ll carry on as well.

 

8月1日(火)
TOWER RECORDS 福岡パルコ店/玲里 with 難波弘之ミニライヴ セットリスト
1 不透明 (玲里ソロ)
2 OPEN WORLD
3 時の砂
4 Here’s To Us
5 Heroes〜 シュガー・ベイビー
encore HERE TONIGHT

 

SQUARE GARDEN/玲里 with 難波弘之<OPEN WORLD>セットリスト
1st
01 不透明
02 嵐の丘
03 Candy
04 Never Let Me Go
05 ラビリンス
06 時の砂
07 ミザリー
08 静かの海
09 LIBERTY
2nd
10 薔薇と科学
11 The Door Into Summer
12 虹のふもと
13 Cry Me A River
14 FAKE
15 楽園ときに落雷
16 KISS AND FLY
17 OPEN WORLD
18 同じ星 同じ風
19 Here’s To Us
20 ドキドキドク
21 Heroes ~
シュガー・ベイビー
encore
# Stand by Me
# JOY

 

 

 

 

 

 



 

玲里