Rayli Official Website

go to top

top

11/4(土)&5(日) 金子マリ&BUX BUNNY “the SUPER-NATURAL 2017”

鳴瀬喜博【宴歴▶︎009】金子マリ&BUX BUNNY “the SUPER-NATURAL 2017”

11/4(土)&5(日) 金子マリ&BUX BUNNY “the SUPER-NATURAL 2017”鳴瀬喜博【宴歴▶︎009】ライヴ at 目黒 Blues Alley Japan

玲里(Rayli)さんの投稿 2017年11月11日(土)

 

大学の学祭にて。
友人と組んだバンドでキーボードを弾いていた青年の前に、ある人がやって来てこう云いました。
「お前うまいな!今やっているバンドが解散するから、俺らと一緒にバンドやらない?」
これが、デヴュー前の太田裕美さんのライヴのバックメンバーとしてたまたま大学を訪れていたベーシストの鳴瀬喜博氏。
この日のライヴに少し遅れてきたドラマーに代わってドラムを叩いたのは、なんと金子マリさん。
周りの友人らが就職活動を始める中、青年は悪の道(本人談)へ進むことを決心。
1975年、金子マリ&バックスバニー結成。

 

時を経て2017年。
初めてフルで観た金子マリ&バックスバニー再結成ライヴに大興奮の私。
そこへ満面の笑みで、ある人がやって来てこう云いました。
「アルバムいいな!娘、今度コーラスやってくれよ!」
ああ、なんでしょう、これ。自分の体験ではないのにデジャヴ…。

 

とにもかくにも、こんな格好いいバンドの中で刺激的な楽曲を、
そしてあのマリさんのバックで歌える機会を逃せるわけがありません。
コーラスパートナーはうえむらかをるさんと心強く、即答で「イエス」でした。

 

鳴瀬喜博・宴歴009ライヴ2days、
金子マリ&BUX BUNNY “the SUPER-NATURAL 2017”、
目黒ブルースアレイに来てくださった大勢の皆様、スタッフの方々、有難うございました。

 

ナルチョ先生、マリさん、ひょこぼう氏、しいたかさん、かをるさん、にゃんば氏、
2日目ゲストの古村敏比古さんと一緒にステージに立つことができて光栄でした。
演奏もMCも”ブインブイン”のナルチョ先生、宴歴009、おめでとうございます!
泣く子も黙る(泣いても聞こえない説がありますが)、やっぱり物凄いベーシストです。

 

今回はリハも定期的にやっていたので、
急にみなさんと会わなくなって、今ちょっぴり寂しいです。

 

この2daysにて、来年1/12に下北沢GARDENで開催される玲里ワンマン・ライヴ
“Chapter One”の先行販売チケットを購入してくださった皆様も、有難うございました!
(MCで日にちを覚えていてくださったマリさんに感謝)

 

実は、今までマリさんとじっくりお話する機会はなかったのですが、
刺激を受け、(こう書くと硬いけれど)学びもあり、嬉しい言葉も沢山いただきました。
私たちが何やら話をして盛り上がっているのを見て、
難波氏は「こんな風に合うとはね〜」と少し驚いたようでした。

 

あの時みんな若くて、こうして今でもパワフルで研ぎ澄まされていて。
奮い立たされました。
もっともっと聴きたいなあ、金子マリ&バックスバニー。

 

ライヴ情報をアップしました▶︎http://rayli.jp/live

 

 

 

玲里

9/10(日)渋谷・ラストワルツ<玲里with難波弘之×日比谷カタン>

More Photos▶︎https://www.facebook.com/raylimusic/posts/1517839544964004

 

玲里デュオ×日比谷カタン at 渋谷ラストワルツ、
沢山の方にお越し頂き大いに盛り上がりました!
みなさま、そして新しい相棒のフリューゲルホーン(これがまた凄く良い音)を早速持って、
駆けつけてくれたYUHKI氏も、有難うございました。

 

昨年9/10は、自身の40周年イベントで約4時間半のライヴ、
そして今年も手元が大忙しだった難波氏。
セッション曲にかなり気を取られていたとのことで、
遅ればせながらの誕生日(9/9)サプライズも大成功でした。

 

カタンさんとは、我らが愛するZABADAKの吉良氏を通して出会いました。
「格好良い音楽だよ〜、絶対玲里も好きだよ!」と。
(これは昔、難波氏がZABADAKを私に薦めてきたときと同じセリフ)
その後、キドキラカタンレイリナンバなるライヴも何度か行い、
今回は初めてのツーマンライヴでした。

 

リハでは、カタンさんの大曲格好良いからやりたいデス:D
などと発言したあの時の自分め…と思ったような思わなかったような。
しかし本番であの曲をやり終えた時には、ぱあ〜っと光が。
そのあとの玲里デュオでも身体中の感覚が鋭く開いている感じがして、
それはそれは、燃えました。

 

セットリストです。

 

・変声風-日比谷カタン with 難波弘之&玲里
玲里with難波弘之
01 Cry Me A River
02 FAKE
03 嵐の丘
04 楽園ときに落雷
05 不透明 with YUHKI
06 PaPaPa Song(Birthday Ver.) with YUHKI
07 REBORN-山下達郎 玲里ソロ
08 宣誓
09 OPEN WORLD
10 GOLD
11 Heroes-David Bowie〜 シュガー・ベイビー
12 ドキドキドク with 日比谷カタン&YUHKI
セッション
・樹海-ZABADAK
・ここが奈落なら、きみは天使-ZABADAK
・You Really Got Me-The Kinks

 

みんなで楽しく音楽をやって、
頂いた可愛いケーキや、ウチワなども難波氏はとても喜んでいて、
今年も一緒に過ごせたことを、嬉しく思いました。
大切にしたいな。聴こえていたかな。大好きだ!

 

今後のライヴも決まりました。▶︎http://rayli.jp/live
そして来年1月に、久しぶりにバンドでワンマン・ライヴをやる予定です。
詳細は後日、お知らせします:)

 

 

 

 

 

玲里

ディズニー・ハロウィーン2017(TDR)

This is halloween, this is halloween♪
そこかしこのディスプレイにパンプキン登場で、
もうディズニー・ハロウィーンの季節に。

 

今回もノリノリでパーソナリティの西本淑子さんの取材助手をして参りました。
玲里ちゃんはディズニー好きだから助かる〜と云っていただき…。
因みに、難波氏もディズニーが大好きなのです。
マリブでの金子マリ&バックスバニーのレコーディング中
初めてアナハイムのディズニーランドを訪れたにゃんば氏、
あまりの楽しさにもう一度出向き、帰国後は大興奮でディズニーの話ばかりしていたそうlol

 

このイベントは、なんと今年で20周年。
9/7〜10/31までディズニーの仮装がOKということで、
昨日はゴージャズなドレスのプリンセスを多く見かけたのですが….その完成度の高さが凄い!
調べたところ期間によってテーマがあり、それに合わせた仮装をしていくと
なにか特別なことがあるかも、なのだそうです。
▶︎http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/days.html

 

TDLでは音楽とコスチュームが新しくなった、
ミュージックフェスなパレード「ハロウィーン・ポップンライブ」が。
パンプキンやコウモリ、黒猫などのモチーフのフロートに乗った仲間達が、
それぞれ違うジャンルの音楽で皆を乗せていきます。
昨年はTDSの方に遊びに行っていたので初めて見たのですが、チップ&デールのプレイヤー姿…良い!
個人的にはスティッチとエンジェルのフロートが印象深かったです。あの”悪そう”な煽り;-)
もし私がライヴでモニターに足を乗せたら、それはスティッチに影響されたということで。

 

そして歌と振り付けを覚えるほどお気に入り、
クールで妖しいTDSの「ザ・ヴィランズ・ワールド」。
パレードが始まる前から雨がポツポツ降ってきてしまったので、
特別ヴァージョンでのお披露目となりました。
メディテレーニアンハーバーを包んでいた音楽がジャックされたようにスタートして、
ヴィランズに招待されたミッキー達が彼らのハロウィーンパーティーに参加し、盛り上げていきます。
今日の仲間達はヴィランズをイメージした衣装の上にレインコートを着て登場。
あれ、みんなとっても可愛いんですよね。雨だけれど、雨だから可愛い。
そしてこのパレード、やはり大好きです!
マレフィセントといえば、ディセンダント2も気になるなあ。

 

思わぬタイミングでまた英気が養われ…この秋も頑張ります。
先ほどカタン氏の格好いい(難)曲のリハーサルをして、尽きてきました。
ということで、9/10(日)は渋谷ラストワルツで日比谷カタン氏と楽しく妖しい夜を;-)
この日は難波氏のバースデイ翌日なので、(派手にやろうとすると拒否されそうなので)
ほんのりお祝い気分で。
18:00開演、ぜし、遊びにいらしてください!

 

 

玲里